弱酸性次亜塩素酸水溶液「キエルキン」

投稿者 :田島雅彦 on

コロナウィルス「COVID-19」の影響により、ドラッグストアからマスクやアルコール・除菌シート等が消えました。そこでTVでも騒がれているのが、次亜塩素酸です。

しかし、日本政府は、効果を認めていない

何故でしょうかね!やはり医薬品メーカーや石鹸工業会とのコネでしょうかね?

2020年5月29日に独立行政法人製品評価技術基盤機構「NITE」のファクトシートが物議を呼んでおります。
しかし、その後のNITEの修正発表は、「次亜塩素酸水については、今回の委員会では判定に至らず、引き続き検証試験を実施していく」となっております。
よって、まだ、確認中という事です。

新たな NEWS Release

しかし、この次亜塩素酸は、病院、歯科医院などでは、当たり前に使用されております。

何故なら、除菌力が凄いのです。本来、次亜塩素酸は、食品(野菜洗浄)、食品添加物として認められた製品なのです。「キエルキン」は食品添加物ではありません。次亜塩素酸水溶液として販売させれております。世の中で販売されている次亜塩素酸系は、殆どこの次亜塩素酸水溶液です。中には濃度を大きく表示している商品も在りますが、安定化させる濃度は、200ppmが、一番安定化しやすく、実際に効果を発揮するのは、40ppm、ph5.5~6と言われております。病院では、ph2.5位の強酸性を使用し、水虫や皮膚の損傷などの治療で使用している所もあります。

キエルキンは、静岡のラジカルラボ社が製造する次亜塩素酸水溶液です。

株式会社ユニオン・イズムは、「キエルキン」の正規代理店です。

次亜塩素酸水溶液ならどれも同じでしょうとお考えの方は、一度下記動画を見て下さい。

遠賀中間医師会病院のドクターが解説するキエルキンとは?

また、TV報道も相当あります。

幼稚園

各メディア報道動画

 

他社の製品で、これだけ取り上げられている商品は、ありますか?

エビデンスだけでは、報道されませんよね!

 

何故、キエルキンが安心・安全なのか?

キエルキンは独自製法により作られた除菌剤。安心安全で、かつ急速に除菌、ウイルスを除去 することができます。それは体内で白血球が起こすしくみと全く同じ。作用後は水に戻ります ので、安心してお使いいただけます。

 

日本食品分析センター

次亜塩素酸有効塩素濃度 約5700m

塩化ベンザ酸コニューム酸有効塩素濃度 約50000m

次亜塩素酸ナトリュウム有効塩素濃度 約20000m

 

アレルゲン分解・除去効果も

 

50ppmのキエルキン(4倍希釈)がスギ花粉アレルゲンCryj1を
99%以上除去することが証明されました。
この表は、東京アレルゲン研究所によるスギ花粉アレルゲン不活性化試験結果 

また、熱に強い芽胞菌も「キエルキン」は、不活性化出来ます。
エボラ出血熱対策としてリベリア共和国でも活用されております。

リベリア大使館より送られた感謝状

 

2014年11月、リベリア共和国のエボラに対する緊急措置としてキエルキンそのものを供給。ただちにリベリアへ送られました。

「今後はエボラだけではなく、長期的に様々な感染症対策をラジカルラボと共同して行っていきたい」との言葉を頂きました。

 

注意点

  • 食品添加物ではありません

食品製造現場で生産したものに関しては食品添加物となります。

 

  • 医薬品、医薬部外品ではありません

殺菌、ウイルスやアレルゲン不活化などと表現ができません。

医薬品は使用箇所を限定される。安全で何にでも使用できるキエルキンの特性がスポイルされてしまいます。

 

  • 農薬・特定農業資材ではありません

農業向けに使用したい!という方が多いですが、自己責任となります。そもそも残留物がないため農薬成分の検査に引っかかることはありません。

  • 物質に反応、もしくは長期放置で水に戻ります

菌、有機物、あるいは空気中の様々な物質と反応してただの水に戻ります。

これこそがキエルキン安全性の証明です。

 

 


この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →


0件のコメント

コメントを残す